子供の年齢が低いほどに母親が権利を得やすい

子供

親権において重要なのはこれから大人に向けて成長していく子供についてなので、子供が心身共に健やかな状況下で成長できる環境が整っていると、離婚をしても我が子と一緒に生活がしていきやすくなります。そのため、子供は親によって育てられる事を思慮し、離婚における調停員は親の心身についても抜かりなく目を向ける様子から、親権を得るには調停員と話をしている時に感情を顕著に高ぶらせないようにしたり、強い口調で子供に接しないようにしましょう。

感情が顕著に高ぶったり強い言葉で子供に接している様子を見せてしまうと、気持ちが不安定であると判断されて離婚した後に子供と共に人生を歩んでいくのに適していないと評されます。子供を育てていくには日々とても多くの金銭を必要とし経済力が求められるため、配偶者と別れた後に経済面が変わらない事も大きな判断材料になります。

離婚をした後に従事する仕事がまだ見つけられていない事例はもとより、既に仕事が見つかっていたりこれまで従事している仕事を継続する事例であっても、別れた事により得られる金銭が大きく減少するのであれば調停員から金銭面について質問される事があります。

そのように金銭面について話が及んだ時に説得力があるのが行政が行っている支援制度を利用する事や、配偶者であった方から受ける養育費に関して話をする事です。養育費は配偶者であった者が用意する義務があるお金ですし、行政の支援制度も広く開かれている仕組みですが、尚一層調停員に強くアピールするには資格を得て高い収入が得られる仕事に従事するといった計画を具体的に立てて説明する事です。

有資格者であったり、今後も変わらない十分な収入が得られる時には収入面での心配する事は無いものの、子供を育てていく上での一緒に過ごせる時間について十分に説明できるようにする必要があります。十分な収入が得られている事例で多いのは仕事に従事する時間が長い事であり、仕事をする時間が長くても配偶者が居るからこそ子供を育てていく事ができます。

離婚すると長時間にわたり仕事をしている間は子供の様子を見てくれる人が存在しないので、親権を手に入れるには子供としっかりと一緒に過ごせる事を証明する必要があります。そして、調停員が親権について考える時には別れる前に子供と一緒に過ごす時間が長かった方に権利を与える事なので、権利を得たいのなら別れる前にできるだけ子供に愛情を注ぐのが大切ですし、一方的ではなく我が子からも自分を選んでもらえるようにする必要があります。

また、離婚をする時の子供の年齢が低いほどに母親が権利を得やすいのですが、別れるきっかけによって父親が権利を得る事も少なくない上に、子供の年齢が15歳を超えているのなら裁判所にてどちらと共に生活をしていくのかが質問されます。

社会や働き方の変化により女性のみならず男性も親権が得やすくなっているので、得られるポイントを抑えて向き合うと理想的な結果になります。

タイトルとURLをコピーしました