疑いを解消して離婚を防ぐ方法

疑いを解消して離婚を防ぐ方法 夫婦関係

浮気は配偶者に対して重大な裏切り行為であり、浮気をしてそれがパートナーにばれた瞬間に、自分に対する信頼はすべてリセットされてしまいます。一昔前までは、離婚することは女性にとってはデメリットの方が大きかったため、我慢して婚姻関係を継続する女性も多く見られました。しかし現在ではそのような傾向も薄れ始め、発覚したとたんに離婚を申し出る女性も多いものです。

特に軽い気持ちで浮気をしていた人ほど、パートナーに離婚を言い渡された場合にはかなり動揺します。言い訳をしたり、パートナーに対し甘い言葉を伝えるする人もいるかもしれませんが、そのような言葉を尽くせば尽くすほど、相手の態度は急激に冷めていきます。その中でも遊びだったという言葉を伝えると、ただの遊びで自分の心を傷つけたと思うものです。

中には開き直る人もいるかもしれませんが、そのようなことをすれば、今後一緒に過ごしていくことはできないと思われてしまいます。言い訳をすればするほど信頼を失ってしまい、とにかく自分の非を素直に認めることが重要です。

浮気をしたからと言って離婚に至らない夫婦も多く、何よりも話し合って信頼を回復させることが重要です。疑いを解消して離婚を防ぐ方法として、まず第一に考えられることはお小遣いを自分から減らしましょう。浮気をすることはお金がかかることであり、特に男性の場合には、年齢が上がれば上がるほど、その経済力が女性を引き付ける理由となります。

自由になるお金を減らすことにより、もう絶対にやらないという決意を示すことができます。浮いたお金で貯金をしたり、パートナーに自由に使ってもらったり、一緒に旅行に行くのもよいでしょう。また連絡をこまめにすることを心がけましょう。浮気をすることには時間もかなり必要となるものです。もしも一人で出かけるといえば、今後渋い顔をされる可能性も高いでしょう。

残業や休日出勤をそれまでに言い訳にしていた場合には、本当に出勤するといっても疑いの目で見られてしまう可能性も高まります。このような疑いを晴らすためにも、できる限りこまめに連絡を取ることを意識しましょう。しつこいぐらいに自分が今どこにいて、何をしているのかを報告するのです。これにより信頼回復にもつながっていくことでしょう。

抵抗がなければ、追跡アプリを使ってもらうのも一つの手段です。いつでも自分がどこにいるのかを確認してもらうとよいでしょう。また最終手段として慰謝料を払うこともよい方法の一つです。慰謝料は離婚をした時に払うものだけではなく、婚姻を継続しながらでも払うことができます。精神的な苦痛を与えてしまったことに対するおわびの気持ちをお金にかえたものであり、慰謝料を払うことは自分が悪いことをしたことを全面的に認めたことになります。

反省の気持ちを示すのであれば、これが一番の方法ともいえます。何よりも行動で誠意を見せることが重要であり、できる限りの誠意を見せて疑いを解消して離婚を防ぎましょう。

タイトルとURLをコピーしました