復縁するカップルの特徴

夫婦 夫婦関係

将来を誓い合って愛し合った二人でもさまざまな原因で、離婚をするケースが結構あります。結婚をした夫婦の3組に1組は離婚をしている現状があります。しかし別れた後に復縁をするカップルも一定数います。

復縁するカップルの割合は高くなく、厚生労働省が公表している平成28年度の統計によると夫婦とも再婚のケースが全体の9.7%になり、夫婦とも再婚のカップルは元夫婦ばかりではないので、離婚して復縁したカップルの割合はかなり低いものになります。

割合が少ない理由は、とことん考えた上で固い意志があったからだと推測されます。しかし何は復縁するカップルも存在し、再婚するようになったきっかけはさまざまあります。これまで夫婦として暮らしてきた生活だったのに、別れてしまってからは一人の生活になることで、孤独を感じてしまうことでよりを戻すカップルが要るのです。

経済的に苦しくなることも復縁する大きな理由のひとつになります。住宅ローンや教育費・慰謝料など離婚後に支払わなければならないお金で苦労する方も多いです。共働きで生活費をまかなうことができていた家庭の場合、一馬力になってしまうと生活が苦しくなり、一人で暮らすよりも二人で暮らした方が良いといった考え方になることも再婚のきっかけになっているようです。

特に二人の間に子供がいる場合に、経済的な苦労をかけたくなくて、再婚する場合もあります。子供のことを考えて両親共に揃っていた方が、教育上良いという判断で再婚に至るケースも少なくないです。

離婚時に冷静に話し合いをすることができたカップルほど、復縁する傾向が強いです。誰でも別れるときには感情的になることが多いのですが、冷静に話し合いができて別れたカップルの場合は、お互いの気持ちが整理できて理解しあえているのでもう一度カップルになる確率が高くなります。

一般的に再婚するまでに必要な期間は、再婚禁止期間は民法第733条で定められているもので、前婚を解消した日から100日を経過しなければ再婚することができない決まりになっています。これは元配偶者と別の相手と再婚する場合にあてはまるものです。元配偶者同士が再婚する場合には女性が妊娠した場合に父親がはっきりわかっているので、再婚禁止期間を設ける必要がないので、期間に関係なくすぐに再婚することができます。

離婚したときに結婚後の姓から旧姓に変えることができるのですが、旧姓を選んだ場合は元配偶者同士の結婚の場合は、相手の戸籍に入籍するので自動的に相手の姓になります。よりを戻す前に注意するポイントは、別れることになった原因をしっかり考えて解決しておかなければならないです。

その問題をクリアできていなければ同じことの繰り返しになるので、また問題が引き起こってしまい二人の関係に亀裂が入る可能性が高くなります。再婚する場合は子供の意見もきちんと尊重することも大切になります。子供の年齢によってはストレスがかかってしまうこともあるので慎重になる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました