単身赴任の離婚率は同居の2倍

離婚

夫婦が離婚に至ることには様々な原因が挙げられますが、その一つに単身赴任が挙げられます。実は単身赴任がきっかけとなり離婚する夫婦は、全体の7%にのぼると言われています。これはなんと同居している夫婦の約2倍の数にもあたり、つまり単身赴任が離婚につながりやすいと言えるでしょう。

必ず離婚に至るわけではありませんが、一つの原因になっていることには間違いありません。またその原因の薬は8割は、夫の浮気によるものだと言われています。確かにひとりで生活をするということは寂しさがある反面、開放感もあることでしょう。このような心の隙間を埋める女性が身近に現れると、やはり浮気に繋がってしまうのかもしれません。

単身赴任が離婚のきっかけになることがわかりましたが、それには様々な理由があります。その一つは夫の浮気によるものです。一人での生活となると少しなら遊んでも良いだろうという気持ちがほとんどかもしれません。その時に問題となるのは、浮気をした夫のことを妻が許せなくなる事です。このような妻は、夫の浮気にはかなり目を光らせるものです。

このようなことからすぐにバレてしまうケースも高いでしょう。一人になったことを言い訳として浮気をした夫を許すことができずに、別れにつながるケースが多く見られます。そして反対に妻の浮気が原因になっていることもあります。浮気をするのは夫だけではなく、夫がいないという寂しさを埋めるために、妻が浮気をすることもあるのです。

一番厄介なものは、女性の場合には本気になりやすく、女性自身が夫から心がなくなってしまいます。そして三つめには一人の方が快適だと気がついてしまうことです。夫も妻も一人で生活をすると、その方が快適だと感じてしまうこともあるものです。夫の場合には誰のことも気にせずに仕事に打ち込むことができ、お酒を飲むことも可能です。

女性も夫の帰宅を気にすることなく、自分のペースで家事や育児をすることができるので、お互いの生活は快適なものかもしれません。このようなことから単身赴任が終わり元の生活に戻ると、家族での生活が辛く感じることもあります。前の生活の方が良かったとお互いに感じる場合には、これが別れの原因にもなることでしょう。

そして四つ目にあげられることは金銭感覚の相違です。経済的に二重生活を送ることになり、その際に金銭感覚の違いが現れることがあります。夫の場合には生活費をすぐに使ってしまったり、反対に妻が夫がいない間に散在するケースも見られます。お互いに納得できない使い方をしていることが、別れのきっかけになることもあります。

夫婦生活においてお金の管理は非常に大切であり、少しのズレでも決定的な事態に発展することがあるのです。最後に久しぶりに会ったとしても好きじゃないという点です。これは男女共に陥りやすいことですが、お互いにコミュニケーションが少なくなれば、気持ちも離れてしまいます。このように様々な理由があることがわかりますが、お互いに歩み寄り出来る限り離婚に至らないことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました