興信所選びはくれぐれも慎重に

興信所

興信所に浮気調査の依頼をしたからといって、必ずしも成功するとは限りません。浮気調査の失敗にはどのようなケースがあるのかと言うと、その一つがターゲットが浮気をしているのにも関わらず証拠写真が撮れなかったという点です。

完全に黒であったにも関わらず、肝心の証拠写真を撮ることが出来れば、言い逃れをされてしまいます。シャッターチャンスを逃すことはもちろんですが、二人が物陰に隠れて顔を確認することができない場合にも、証拠写真としては全く意味をなさないでしょう。

そしてターゲットにばれてしまうことも致命的な失敗にあたります。浮気調査が失敗する原因としては、尾行のコストを削ったことや、調査の契約書や名刺などを見られてしまったなど様々な行為があります。

興信所による浮気調査が失敗してしまった場合に考えられるリスクには様々なことがありますが、そのリスクの一つ目にあげられることは、自分が不利になってしまい主張が通らなくなることが挙げられます。

浮気調査をプライバシーの侵害と捕らえられてしまえば、それを理由としてパートナーの出張が強く通ってしまうことが考えられます。具体例を挙げると、勝手に携帯電話の中身を見られたり、パソコンの履歴などを見られるなどのことがあったため、愛が冷め他の異性に浮気をしたなどと言われてしまう可能性が考えられるのです。

浮気をされた側からすればかなり理不尽なことになり、開き直る様子を見て憤りを感じるかもしれませんが、少なからず自分にも原因があったとみなされるケースもあります。そして二つ目には浮気の証拠を隠滅されるリスクもあるでしょう。

パートナーに警戒されれば、絶対にばれたくないという思いがさらに強くなり、スマートフォンのメールのやり取りやスケジュール帳、写真など、すべての証拠を消去されるリスクが考えられます。ここまでされてしまえば、新たに調査を結婚した際に証拠を手に入れることはかなり難しくなってしまい、白黒をはっきりさせるまでにはかなりの時間を要することになります。

こうなれば調査を依頼する際の料金も高額になることが考えられるでしょう。三つめには調査をしたことが本人に知られることで、関係が悪化する可能性が考えられます。一時的に関係が悪化しても浮気の証拠を掴んでいればそれを突きつけて自分が優位に立って話を進められるかもしれませんが、問題となることは浮気をしていなかったケースです。

浮気を利用していると思っていたけれどもそれは単なる思い込みであった、頻繁に会っていた異性はただの親戚だったなどのようなケースであれば、確かに浮気をしていなかったことは喜ばしいことかもしれません。しかし調査を行った自分の信用はかなり落ちてしまうことでしょう。

万が一興信所のミスによって失敗に至った場合には、返金対応や謝罪をしてもらえるかもしれません。しかし個人の行動が原因で失敗した場合には自分に全ての責任があります。興信所に依頼したからといって安心するのではなく、自分の行動も責任を持つように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました