探偵と興信所の明確な違いはない?

離婚協議書の公正証書化 興信所

浮気調査と聞いたときに探偵をイメージする人は多いかと思われますが、興信所でも浮気調査の依頼先としても有名です。ちなみに、両者の違いはどこにあるのかといった疑問を持つ人も多いようですが、現代において両者の明確な違いというものはなく、従来からのスタイルでの違いの中には身分を明かすか否かによるものがあるといいます。

例えば、自らの身分を明かした上で企業に対する信用調査業務を行っていたのが興信所、自らの身分を明かすことなく対象者の身辺調査を行っていたのが探偵、このような違いは存在していたようです。信用調査というのは、企業の資産状況や経営状態を調べる仕事を意味するもので、これから取引をする企業が信頼できるのか否かを確認したいときに興信所を使い調べていたことになります。

探偵だと個人経営なので、浮気調査を依頼することに対して抵抗を持つなどの理由で興信所を通じて事実確認をする人も少なくありません。こっそり浮気調査を行うなど素行調査において個人情報保護法違反やプライバシーの侵害に相当するのではないか、このような疑問が生じるケースも出て来ます。基本的に、興信所が実施する素行調査などにおいては法律上での違反になることはないといいます。

探偵事務所も同じで、双方は各都道府県にある公安委員会に対しての届け出を行い事業を進めているのが特徴です。この届け出は義務付けに値するものであること、届を提出した場合には法律で定められている範囲内での調査業務を行うなどの特徴を持ちます。そのため、違法調査を行わない限り法律上での違反に相当することはなく勝手に調べられてしまったとしても興信所には問題が起きることはないのです。なお、法律上違反となりえる調査にはどのようなものがあるのか、これもプライバシーに関与する部分もあるので把握しておくことが大切です。

例えば、相手の部屋に入り込んで盗聴器や隠しカメラを設置する、これらを利用して盗聴や盗撮をすることは禁止されています。さらに、GPSを相手の車や持ち物などに隠れて取り付ける、居場所の特定やオートロック機能を持つマンションに入り込んで、無断で郵便受けの中をのぞきこんだりする行為も禁止されており、これらはいずれもプライバシーにかかわるものです。違法なやり方で素行調査などを行えば、即刻処罰の対象になるわけです。浮気調査や結婚調査、素行調査なども同じですし、これは探偵事務所においても同じことがいえます。

さらに、どのようなケースでも守秘義務が存在していますので、依頼者のことはもちろん調査で得ることができた情報なども公開することないのでプライバシーの侵害に繋がることはないわけです。なお、これらの専門の会社などに依頼して違法な調査により不快な思いをしたとき、被害を受けてしまったときなどは弁護士などのような法律のプロに速やかに相談されることをおすすめします。これにより、プライバシーを守ることに繋げられます。

タイトルとURLをコピーしました