優良な興信所かどうかを見抜くには?

探偵

浮気調査を依頼する興信所を選びたいけれども、広告を見ただけでは本当に優良な興信所なのかどうかを見抜くことはできません。浮気調査を依頼する興信所を選ぶ際には注意点があるので、それらを把握しておく必要があります。

その一つに挙げられることは、各都道府県の公安委員会に探偵業の届け出をしているかということです。以前までは名乗ることで探偵業を始めることができたものの、平成19年に法律が施行され、探偵業を開業するためにはそれぞれの都道府県の公安委員会に届け出を行わなければならなくなりました。

届け出が終わると公安委員会からは届け出証明書か交付されるため、この届出書を見やすい場所に掲げたうえで、依頼者に対ししっかりとした業者であることを示す義務も存在しています。もしも調査をするうえで契約する際にこの証明書が見られなかった場合には、違法である可能性もあるため十分な注意が必要です。契約する際には、必ず届け出証明書を確認することが大切です。

興信所を選ぶ際に、ホームページを参考にする人も多いかもしれませんが、一般的にホームページでは料金があいまいに記録されています。詳しい料金については相談をする必要があり、電話相談をしたけれども具体的な料金説明がなされずに、まずは事務所に来て下さいといわれるケースもあります。その結果として高額な契約を結ばされてしまうケースも多いものです。依頼する側にとってどれぐらいの料金がかかるのかは非常に重要です。調査料金がホームページにしっかりと記載されていて、相談の際にも具体的に見積もりをしてくれるかどうかを確認しましょう。

さらには調査におけるメリットやデメリットを説明してくれるかどうかも重要です。現場経験のないスタッフが何でもできると安請け合いをして、最終的に中途半端な調査結果になってしまうケースはよくあるものです。熟練した相談員の面接であれば、その調査が本当に可能なのか、また必要なのか必要でないのかを判断することが可能です。これにより予算に応じた調査の相談を依頼することができるでしょう。

そして調査を何名で行うのかも重要です。調査の内容に応じ適正な人数における契約が交わされているかは重要です。通常の尾行調査の場合には2人から3人の体制が基本となっていて、もしも難易度が高い場合には3人から4人ほどとなっているでしょう。しかし調査料金を多く請求したいという思いから、調査の初日から4人以上の調査員を導入するところもあります。

この場合実際に4人で調査を行うわけではなく、調査員の水増し請求をしているということになります。契約の際に綿密な打ち合わせを行い、調査の内容をヒアリングしたうえで、現場の状況に合わせた適切な人数で調査がなされるかどうかを確認しましょう。

最後に調査が完了した場合には調査報告書を受け取ることになりますが、受け取れる時期やどのようなものを受け取れるのかを確認することも大切です。受け取り物に関しては書面での報告書や動画やDVD、画像のデータディスクなどは受け取りたいところです。

タイトルとURLをコピーしました