慰謝料を請求する際に証拠となるもの

慰謝料を請求する際に証拠となるもの 浮気

もし、相手の浮気によって裁判で慰謝料を請求したいと考えているのであれば、浮気の証拠となるものを揃えなくてはいけません。しかし、焦って違法なやり方で進めるのではなく、慎重に行う必要があります。

テレビの芸能ニュースだと、LINEのやりとりが流出したことによって有名人の不倫が取り上げられることがありますが、メールやLINEなどSNSのやりとりは浮気の証拠となります。ただし、その内容によって裁判で有利になる場合とそうはならない場合があります。有利となるのは、肉体関係があったであろうと推測できる内容であった場合です。日常会話のような内容の場合は、有利になるとは限りません。

また、写真や動画も証拠となるものですが、どんな写真でもよいわけではありません。ラブホテルに入るところや出てくるところ、性行為の写真やそれに近いもの(例えば浮気相手の裸の写真など)、一緒に旅行へ行った時のものなどであれば有利となります。

領収書についても同様です。ラブホテルなどの領収書であれば肉体関係があったということが推測できますが、レストランなどの領収書であれば、相手へのプレゼントを買ったと思われる領収書やレシートなど複数用意しなくてはいけないでしょう。用心深い人であれば領収書はもらわないので、手に入れることは難しいかもしれません。

メールだけではなく電話の通話記録も証拠となりますが、通信履歴だと難しいでしょう。浮気相手が同じ職場であれば、仕事の話をしていたとも取れるからです。肉体関係を持っていると推測できる通話記録であれば、裁判でも有利となるでしょう。

このように、浮気の証拠となるものを集めることは、素人には簡単なことではありません。急いで行おうとすると、相手に疑われる可能性もあります。自分は疑っていないという姿勢を見せるようにしましょう。有利となるものはなかなか見つけることが難しいので、小さなものをコツコツ集めるようにしていった方が賢明です。

一回だけではなく、継続して会っていることを証明するために、自分も時間をかけて進めなくてはいけません。証拠をなんとかして集めようと、盗撮や盗聴、不法侵入など違法なやり方はしないように注意して下さい。写真を加工したり、偽造したりすることもNGです。LINEのやりとりなどは、画面をそのまま撮影するようにしましょう。

スクリーンショットだと、加工が疑われる可能性もあります。GPSを使うという方法もありますが、これも注意が必要です。プライバシー侵害として、違法だととられることもあるからです。
もし、自分ではとうにもできない、ということであれば、弁護士や探偵へ依頼するという方法もあります。

無料の相談ダイヤルなどを使ってまずは弁護士に話をしてもよいでしょう。探偵は法外な費用を取ろうとする悪徳なところもあるので、信頼できる探偵を探す必要があります。そうしないと、お金ばかりかかってしっかり調査してもらえないということになります。

タイトルとURLをコピーしました