他社にみる浮気調査における契約トラブル

浮気調査

妻が浮気をしているケースもあるかもしれませんが、結婚前はそのような事はないと考えても夫婦の間で歪みが出てしまうケースがあります。結婚当初は相手のことを思いやることができた夫であっても、妻のことを家事をしてくれるロボットや性欲の処理のためにいると勘違いしている人もいます。
一方男性に対して1部の女性は、単なるATMと考えている人もおり、当初の結婚生活とは違ったものになるケースがあるわけです。

いずれも間違いなく、相手に対して思いやりがなくなったからといえます。もちろん最初からそのような意図で結婚している人もいるかもしれませんが、いずれにしてもあまり健全な夫婦関係ではありません。このような状態が続くと、どちらかが浮気をして離婚に追い込まれるケースもあるかもしれません。場合によっては両方とも浮気をしているようなこともあり、完全に夫婦関係が破綻しています。子供がいないのであればまだ救いようがありますが、子供がいたとすれば親としてもかなり無責任な行動と言えるでしょう。

もし、自分の配偶者が浮気をしている場合には、浮気調査をする必要があります。浮気調査の方法は2種類あり、自分自身で行う方法と探偵に任せる方法があります。自分自身で浮気調査をしても、なかなかしっぽをつかむことができないケースが少なくありません。やはり、浮気をしている側もかなり警戒しているからです。

何度行動してもうまくいかない場合には、プロに任せた方が良いでしょう。その後の計画を見ていくと、プロに任せたと裁判等をして慰謝料請求をすることができます。大抵慰謝料請求する場合は夫婦関係が破綻しているため、離婚をすることになりますが、浮気の仕方によっては300万円以上の請求ができるケースもあるようです。

このように、実際にプロに任せると良い結果が出る可能性は高いものの、トラブルになる可能性があるため注意が必要です。トラブルの1つは、金銭問題になるかもしれません。例えば契約のときには50万円ですと言われたにもかかわらず、後になって70万円ですと言われるようなケースもあるかもしれません。これは、どちらかがしっかりと話を聞いていないか話をしていなかったかの問題で齟齬が生じています。

これを避けるためには、必ず書面で契約を交わすようにしなければいけません。また、できるだけメールのやり取りなどで証拠が残るようにしておいた方が良いです。特に金銭関係に関しては、大いにトラブルになるため金額が提示された場合口頭で行ってはいけない事は覚えておきましょう。

後は、せっかく証拠をつかめる状況だったにもかかわらず、探偵が腰抜けで証拠がつかめなかった場合があります。この場合は、契約を解除しても構いませんが、契約を結んだ段階で解除をする時どこまでお金の返金がされるかなども確認しておかなければいけません。

タイトルとURLをコピーしました