浮気調査の前に知っておくべき裁判離婚について

裁判離婚 浮気調査

浮気を確信している場合でも、まずは決定的な証拠を入手することが大切です。
浮気を疑っているときは感情的になりやすく、一方的な思い込みだったケースもあります。

離婚を前提に浮気調査を決めたなら、裁判離婚についても把握しておく必要があります。
裁判で勝つためには、確実な証拠をつかむことが重要になります、浮気の調査について、パートナーに悟られないようにすることも大切です。

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼して証拠をつかんでおけば、裁判になったときも有利になります。

配偶者との離婚を決めた場合、最初は話し合いを行います。話し合いで決着がつかない場合は、家庭裁判所に調停を申し込みます。調停でも決着がつかない場合は、離婚裁判になります。

証拠がある場合は、配偶者との話し合いでスムーズに離婚できるケースもあります。お互いの条件に合意できれば、協議離婚の手続きをします。配偶者との話し合いが決裂すると、舞台は家庭裁判所に移ります。

浮気の証拠能力が弱いと、裁判になりやすいです。離婚裁判では複数の注意点があります。
未成年の子供がいる場合、離婚裁判の訴訟で親権者を決めます。慰謝料の請求や財産分与の請求もできます。

婚姻の継続を続けたほうが良いと判断されると、訴えが棄却されることもあります。
裁判になっても、訴えられた方が非を素直に認めて争わない場合は訴訟が終了します。

この場合は、認諾による離婚になります。認諾による離婚は、財産分与や親権などの条件がない場合に限ります。

慰謝料や財産分与について合意ができると、和解による離婚が成立します。和解による離婚は、離婚届けの提出が必要です。

不貞行為は不法行為の一種なので、損害賠償の請求ができます。夫の不貞行為を証明できれば、慰謝料の請求が可能になります。夫だけでなく、不貞の相手にも損害賠償の請求ができます。

浮気の確実な証拠を入手できると、夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求することが可能です。離婚裁判になった場合、栽培で認められやすい証拠と認められにくい証拠があります。

不貞行為が焦点となる裁判では、肉体関係が重要なポイントとなります。肉体関係があったという確かな証拠があれば、離婚裁判を有利に進められます。

自分で証拠を集める人もいますが、自分で行動するとパートナーにばれるリスクが高くなります。疑われていることがわかれば、証拠を消す可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました