裁判において浮気の証拠となるもの

浮気調査

浮気や不倫相手に対し裁判で勝つために必要となるものが証拠と言えるでしょう。メールや写真、動画や浮気を自白した録音、ホテルのレシートなど様々なものが該当しますが、裁判で実際に勝つことができるものを集めることが非常に重要と言えます。

裁判で浮気の証拠として認められるものとしてまず第一に挙げられるものとして、メールやSNSが挙げられます。メールやSNSなどを使い相手と連絡を取ることが多いので、これらは比較的収集しやすいと言えるでしょう。しかし浮気相手だと思われる人との連絡であっても、このメールやSNSの内容が日常的なものであれば、それほど有力なものにはなりません。

仕事や生活をしていれば、異性とメールでやり取りをすることはよくあるケースです。日常的な内容も有力になってしまえば、仕事や日常生活で連絡を取ったのにも関わらず、疑われるリスクがあるからです。メールやSNSが有力なものとなるためには、肉体関係があったとわかるような内容であることが重要です。しかし日常的な内容が一切認められないというわけではありません。

肉体関係があったとわかるものよりは力は弱いかもしれませんが、間接的なものとして利用できる可能性も大いに考えられます。そして二つ目には写真や動画があげられます。しかし相手と一緒にいるところや、喫茶店などで食事をしている写真などでは、あまり力は強くありません。

この場合にはただ知り合いと会い話をしていただけだと言い逃れできてしまうことが理由です。力が強いものとしては肉体関係を持ったとわかる写真や動画、肉体関係を持つと思われる場所に出入りしているものが該当します。具体的に挙げるとラブホテルや相手の部屋に出入りしているものなどです。

写真や動画などは1枚あるよりも何枚もあった方がより力が強くなるでしょう。一度だけ出入りしているところの場合には、偶然にも足を運んだだけと言い逃れされてしまう可能性も考えられます。複数回目撃できていれば、より力が強くなるものです。そして三つ目には浮気の自白の録音が挙げられます。パートナーが自白をした場合には、それは有力な証拠の一つになります。

取り出す際にはボイスレコーダーなどを仕掛けておき、それを録音できるようにしておくことが望ましいです。配偶者の浮気相手が自白をした場合にもかなり有力となります。ボイスレコーダーなどは電気屋さんなどでリーズナブルな価格で購入することが可能です。また近年ではスマートフォンのアプリにも使えるものがあるので、探してみると良いでしょう。

そのほかにも通話記録や通話履歴なども場合によっては該当しますが、ただ通話していただけの履歴ではあまり力を持ちません。この場合には仕事のことを話して頂けと言い逃れすることが可能です。その他にも領収書や利用明細、探偵事務所の調査報告書なども場合によっては強い力を持つことになります。しかし証拠を集める際には簡単に偽装できそうなものではないかを十分に注意しましょう。確実な証拠を押さえておくことが求められます。

タイトルとURLをコピーしました