40代女性の再婚事情

夫婦 再婚

40代の女性は再婚することができるか、この疑問に対する答えはイエスです。理由として40代の結婚は珍しくないこと、そして同年代の男性にも再婚のニーズがあることが挙げられます。つまり、初婚でなくても結婚したいという男女がいる年代で、誰にでも十分にチャンスがあるというわけです。

勿論、選り好みしたり性格に難があれば話は別ですが、少なくとも40代の女性に再婚の可能性があるのは確かです。大切なのはチャンスを逃さないこと、可能性を高める相手探しを行う点にあります。
20代や30代と比べて、40代は時間の経過によるチャンスの変化が著しい年代です。若い内は結婚を急がなくても余裕がありますが、40代のしかも再婚となると焦りを覚えた方が良さそうです。

というのも、若くて初婚を希望する人と違い、年齢を重ねると結婚を希望する人自体が減少傾向になります。50代や60代で初婚という人達も存在しますが、そういうカップルは割合的に少なくて希少です。こういう現実があることから、再婚を希望する際には自分の年齢を客観的に捉えて、この年代の人とバツイチでも結婚したいか考えることが大切です。

そうすることで、自分が置かれている状況というものが冷静に分析できますし、現実を理解して正しく焦ることができます。この焦りはネガティブなものではなく、良い意味でプラスに働くでしょう。
他にも好材料を挙げるとしたら、それは一度失敗したことで同じ失敗を繰り返さずに済むことです。
慎重に相手を探すようになりますから、結婚してから相性が合わないといった理由で再び別れる恐れが避けられます。

ただし、40代になって未婚という男性には、相応の理由がなければ何らかの問題を抱えている可能性があります。これは性格の問題かもしれませんし、結婚相手に求める理想が高すぎる可能性も考えられます。いずれにしても、こだわりが強い人との結婚は苦労しますから、比較的簡単に再婚できそうな相手でも慎重に選んだり決めることが大事です。

相手を探す上でのポイントは、自分を安売りせずに魅力をアピールすることです。年齢を卑下するのではなく、人生経験を強みに変えたり、包容力を武器にするのもありでしょう。このように、男性が魅力的と思える女性になれる可能性が十分にある年齢ですから、もう遅いと諦めてしまわないことが重要です。

バツイチでも離婚経験がある人の10%以上、つまり10人に1人以上は再び結婚して幸せを掴んでいます。数字を大きいと捉えるか小さいと感じるかは人それぞれですが、可能性が0ではないのは間違いない事実です。人生100年といわれ始めている時代ですから、平均寿命が80歳だとしても40歳はまだ折り返し地点です。

そこで諦めてしまえば終わりですが、諦めなければまだまだ人生これからです。むしろ、離婚は珍しくなくて一度や二度の失敗が当たり前となれば、バツイチなどなんのレッテルにもならないです。

タイトルとURLをコピーしました