裁判で浮気の証拠になるもの

裁判で浮気の証拠になるもの 浮気

パートナーが浮気をしているのではないかと思い、夫婦関係を続けるにしても離婚を選ぶとしても、離婚や慰謝料請求をするために裁判を行うとなった場合に必要なものが、浮気の証拠になるものと言えるでしょう。しかし裁判に有利になるだろうと思って自分で集めたものが、実は確かな証拠にはならない可能性も考えられます。このようなことにならないためにも、どのようなものが浮気の証拠になるのかをしっかりと把握しておくことが求められます。

裁判で浮気の証拠になるものとしてまず第一に挙げられるものが写真と言えます。写真があれば何でもよいというわけではなく、具体的には性行為やその類似行為、裸体がうつっているもの、ラブホテルや自宅などに出入りしているところがわかるもの、二人での旅行の写真、一夜を共にしたことがわかるもの、外泊した日にとられたプリクラなどがあげられます。

これらであれば、たとえ裁判になったとしても、浮気や不倫などをしていたことが認められやすいものとなります。しかし不貞行為があったと認めてもらうためには、さらなる証拠が必要となるでしょう。撮影日時が記録されていたり、複数回にわたる不貞行為が明らかになっている、ホテルや自宅に出入りする場合には、入るところと出るところの両方の写真があることが望ましいです。

そして二つ目には録音した音声データや録画した撮影データなどがあげられます。不貞行為が明らかとなる録音した音声データや録画した撮影のデータがある場合には、かなり価値の高いものとなるでしょう。一般的にはICレコーダーやビデオカメラやスマートフォンの録音、録画などがあげられます。

その内容としては、夫婦間の会話において不貞行為の事実を認めた会話、不倫相手との電話の録音、性行為の録音や録画のデータ、ホテルや自宅などから一緒に出てくる動画、一緒に旅行に行っていることがわかるものなどがあげられます。ポイントとなるのは、一緒にいることや日常的な会話があるだけに限らず、不貞行為の事実がわかるものであることです。この場合に盗聴や盗撮などで集められたものは本来では違法となりますが、裁判では認められることも多いでしょう。

クレジットカードの利用明細やレシートなども認められることがあります。例えばホテルや旅館などの宿泊施設の利用明細や、ホテル街や不倫相手の自宅近くで使われているコンビニやレジャー施設、レストランなどのレシートなどが該当します。ポイントはくりかえしつかわれていることや不貞行為があったとみなせるものです。異性の下着や避妊具、性行為用のグッズの購入履歴なども認められやすいと言えるでしょう。

そしてそのほかにはスイカやパスモなどの利用履歴やインターネットの乗り換え検索サービスの履歴、自動車のETCの利用履歴などがあげられます。継続的に履歴が残っていることや、移動の履歴だけでは弱いので、そのほかの証拠もあることによって認められるケースが高いでしょう。メールやラインの文面、手紙やプレゼント、手帳や日記などについても残しておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました