コロナ離婚を回避する方法

離婚 夫婦関係

近年では世界的に新型コロナウイルス感染症が流行していて、この影響によって、私たちの日常生活は、これまでに経験したことのない変化を余儀なくされている状態です。外出自粛などの要請が出て、簡単に外出をすることができない世の中になってしまい、一日の多くを家の中で過ごしている人が増えたのも実情です。

リモートワークが始まって、慣れない作業に戸惑っている人も多いことでしょう。今までは学校や仕事に行っていた子供や配偶者が一日中家にいるようになって、家族の食事を一日三食分作らなければならなくなったり、家族の世話や家事にかかる負担がかなり増えた人も多いものです。またコロナの影響によって収入が減ってしまったり、仕事そのものがなくなってしまい、経済的に不安が高まる人が続出しているのが実情です。

現在でもそのような状況が続いている状態で、いつ終わるのかわからない状態で、不安や苛立ちを多くの人が抱えています。このような中で大きなストレスを抱えて、多くの人の心が蝕まれていくのです。これをわかりやすく表しているものが離婚と言えるでしょう。コロナを発端としたコロナ離婚は増加傾向にあります。

とはいえできることならば、コロナ離婚をなんとか回避したいものです。そのためには様々なことに注意する必要があるでしょう。その一つに夫婦でコミュニケーションをとる時間を作ることが挙げられます。ただ同じ空間にいるだけでは、相手と心を通わせることは不可能です。

お互いに顔を合わせることなく、スマートフォンを見ているような状況であれば、同じ部屋にいたとしてもコミュニケーションがとれているとは言えません。反対に一緒に過ごす時間は短いけれども、その時間に笑顔で会話をすることができれば、家庭の雰囲気は明るくなることでしょう。相手の気持ちにはきちんと耳を傾けることが重要です。

また二人とも在宅しているのであれば、一緒に料理をするなどもコミュニケーションになる方法です。そして二つ目には一人で過ごす時間を作ることです。家族が一緒にいる時間は楽しいかもしれませんが、そのぶん一人で過ごす時間は取りにくくなってしまうでしょう。多くの人が一人で過ごす時間がなければストレスは溜まってしまいます。

家の間取りなどにより自分一人のスペースが取れないという場合には、より強いストレスに感じるかもしれません。このような場合には一人の時間を作る工夫をします。ゆっくりとお風呂に入る、早朝に近所を散歩するなどでも良いでしょう。子供がいれば当然その世話も交代した上で、それぞれが一人になれる時間を確保することが大切です。

その他にも感情的にならずに客観的に伝えたり、相手が受け入れやすく共感する言葉で話す、相手に感謝の気持ちを持つことが大切です。自分の負担は大きく感じるかもしれませんが、相手がしてくれていることにも目を向けてみましょう。それに対し労いの言葉をかける、感謝の気持ちを行動で示すことが重要です。ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいないので東店口に出して感謝の言葉を伝えることを意識しましょう。

タイトルとURLをコピーしました