田舎に比べ都会の離婚率は高い

離婚届 離婚

都会と田舎では離婚事情が大きく異なり、そのために離婚率も大きく異なることが多いものです。一般的に都会の方が離婚率が高いと言われていますが、その要因は様々であり、その一つに近隣の人との付き合いがあまり深くはないと言うことが挙げられます。

都会の場合には、近所に幼い頃から2人のことを知っていると言う人が少ないため、お互いの行動が自由に表現できると言うメリットがあります。しかし何かあったときに相談相手がいないと言うことも多く、ついつい思い詰めてしまうと言うことも少なくありません。お互いの感覚の中で不一致が生じたときにはいつでも別れることができると言う部分があります。

同時に、多くの人は地方から出てきているため、最終的には地方に戻りたいと言う気持ちを持つことも少なくありません。そのためその気持ちが一致しなかったりすると、最終的には分かれてそれぞれ別の環境で生活をすると言う結論を選ぶことも多いものです。

田舎の場合には地元やその近くで結婚をして生活をすると言うことが多く、自分の親や相手の親等との行き来も多くなることからなかなか結婚をすることが難しいと言う環境があります。そのためささいな意見の食い違いであれば我慢をしてしまうと言う環境もあるほか、親がいろいろな面でそばにいてサポートをしてくれると言うことも少なくありません。

そのため一時的に別居をした場合でもすぐにお互いの親が仲裁をしてくれるので、結果的に元の生活に戻ると言うことも多いのです。両親と離れて生活をしている場合にはその傾向が薄くなってしまう実態があり、またお互いに帰る場所があるという安心感もあることから、ささいなことで別れてしまうと言うことも少なくありません。

都会の方が離婚の割合が多くなる要因に、将来の生活に対する考え方の違いがあります。もともと田舎で結婚をする場合には、女性の方がその環境で生活をする覚悟を決めてすることが多いため、生活環境による意見の不一致が生まれる事はあまりありません。

しかし都会の場合には女性の側はその環境で一生生活をすることを望んでいても、男性の場合が将来的には自分の田舎に帰りたいと言う思いを持つことが多くなる傾向があります。そのためその考え方の不一致により、分かれて生活をすると言う結果に至ることも多くなっています。

都会と田舎では生活環境が全く異なり、周囲の近所付き合いもそのスタイルが異なることから付き合い方にも大きな違いがあります。田舎の場合は近所の人たちが様々な情報交換をしているので、その付き合いが非常に大事になるとともに、効果的なストレス発散になると言う見方もできるものです。またそのような環境の中で生活をしていると、自分たちの生活だけではなく近所付き合いも非常に重要な要素となるため、なかなか離婚をすると言う事は難しいものとなる傾向があります。さらにお互いの意識が強いと言うこともあり、なかなか別れることがないと言うのは実態です。

タイトルとURLをコピーしました