探偵の違法となる調査行為について

弁護士への離婚相談 法律知識

探偵に調査を依頼すると様々な自分では調べることができないことを調べてもらえると考えている人が多いのですが、実際には探偵は特別な権限を持っているわけではないため、場合によっては様々な違法行為に当たることを行ってしまう場合があるので注意をしなければなりません。

この場合には探偵本人だけではなく、仕事を依頼した依頼人も罪に問われてしまうことがあるので十分に注意をすることが重要です。これを知らずに様々なトラブルを起こしてしまうことも多く、逆に自分が不利な立場に追い込まれてしまうことがあるので注意をしなければなりません。

混同されやすいものに弁護士がありますが、弁護士の場合には一般とは異なる様々な特権が与えられており、正式な書類を提出することで通常では調査することができない内部資料等の提出を求めることができたり、場合によっては裁判所の許可を得て相手の敷地などに立ち入ることができる場合もあります。

そのため、探偵の場合も同じような権限を持っていると考えている場合が多いのですが、実際にはこのような権限がないため調査をすることができる範囲も非常に限られてしまうことが多いのです。
例えば、浮気調査等の際に相手が私有地などに入った場合、これを追ってその敷地内に侵入する事は不法侵入となるため違法行為となります。そのため対象がそのような場所に入ってしまった場合にはこれを追いかけて入ることができず、調査もこの時点で打ち切りとなってしまうことが少なくありません。さらに相手の素性を調査するために住民票や戸籍謄本を取り寄せることも法律上は禁じられており、これを行った場合には様々な罪に問われることがあるので注意をすることが必要です。

探偵に様々な仕事を依頼すると大抵の事はしっかりと調べてくれると考えている人が多いのですが、実際にはその範囲には限界があるため十分に注意をしなければなりません。また、場合によってはその法律を無視して作業を行う場合もありますが、これは非常に危険な事となる上、発覚した場合には大きなトラブルを招いてしまうことも多いのです。仕事を依頼する場合にはこのような店にも十分に注意をして、依頼をする範囲を自分自身で見極めることが必要となります。

法律が関連するものに関しては、探偵に依頼するよりも弁護士に依頼をする方が非常に効果的な場合も少なくありません。弁護士は法律を熟知しており、また必要に応じて裁判所の許可を得ていろいろな作業を行うことができるので、様々な物事をより深く調べることができると言う特権を持っています。しかし、細かな日々の相手の行動の把握等は非常に時間がかかってしまうことも多いため、このような作業は弁護士には依頼することができないケースも多いので注意をすることが大切です。

品川調査事務所では離婚問題に精通した弁護士と連携しておりますので安心してご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました